Please use another Browser

It looks like you are using a browser that is not fully supported. Please note that there might be constraints on site display and usability. For the best experience we suggest that you download the newest version of a supported browser:

Internet Explorer, Chrome Browser, Firefox Browser, Safari Browser

Continue with the current browser

シーメンス、創立175周年を迎える

オラフ・ショルツ首相は、「シーメンスは175年前に産業時代の礎を築きました。同社は、今日の技術革新によって、デジタルとエコロジーの両分野で変革を促進することにも貢献しています。シーメンスはこの175年間、世界を幾度となく電化し、動かし、つなぎ、そして改革してきました。このことに対し私は心からお祝いを申し上げたいと思います。シーメンスが収めた175年間の成功は、ここドイツで成し遂げられたのです」と述べています。
シーメンスのローランド・ブッシュ代表取締役社長兼CEOは、「シーメンスは常に自己改革を続ける会社です。数十年にわたりお客様にとって役立つ存在であり続けるために、新しいテクノロジーやトレンドを先取りしています。私たちは、今後とも、直面する最大の課題に対してお客様や地域社会が現在、そして将来にわたって挑戦する力となるべく、主導的な役割を担っていきたいと考えています。175回目の誕生日を迎え、シーメンスは未来に適合した会社として戦略、ビジネス、およびテクノロジーの面で極めて有利な立場にあり、デジタル化とサステナビリティに関して主導権を握っています」と述べています。
シーメンスは創業以来、何百万人もの人々の単なる雇用主であるだけでなく、家庭のような存在であり、生活様式ともなってきました。現在までに、全世界で延べ約400万人が当社で働いてきました。国別では、ドイツがシーメンスにとって最大のビジネス拠点であることに変わりはありません。2021年度のドイツ国内における従業員数は約86,000人、売上高は110億ユーロ以上です。ドイツ市場だけで、2021年度には約4,000人を採用しています。
ベルリン市のフランツィスカ・ギファイ市長は、「シーメンスは175年もの間、ベルリンと切っても切れない関係にあります。ベルリン市民は、何世代にも渡り、ベルリン発のグローバル企業である同社の、ジーメンシュタット地区をはじめとする各拠点で働いてきました。シーメンスによる数々の発明や開発成果のおかげで、私たちの生活が変化し、向上しているのです。これらの発明や開発成果は、当時の革新的技術としていずれも技術的・経済的に大きな意味を持ち、またベルリンにゆかりのあるものばかりです。シーメンスの伝統に違うことなく、このサクセスストーリーは、今、シーメンス・キャンパスにおいてデジタル的に続いています。国際的に重要で強固な会社であるシーメンスが、ここベルリンにあることを誇りに思います」と述べています。
シーメンスは、過去175年にわたって産業と技術の歴史を作り、世界中の人々の日常生活を変えてきました。ヴェルナー・フォン・シーメンスが最も重要な技術革新の一つを成し遂げたのは、1847年、後にグローバル企業となるシーメンスにとって最初の製品となるポインターテレグラフ(電信機)を完成させた時でした。彼の発明により、電気を使って、より速く、より確実に、そして長距離にわたる通信が可能になりました。この技術的進歩は、グローバル・コネクティビティの始まりを告げるものでした。さらに画期的だったのは、1866年に彼が発明した小型発電機です。その箱の大きさはタイプライターほどでしたが、機械的エネルギーを経済的に電力に変換できる最初の装置であり、これによって電気の時代への道が開かれたのです。しかし、シーメンスが成し遂げたことは、単に技術的な道筋を付けたことにとどまりません。社会的な課題に対しても、時代に先駆けて取り組みました。
例えば、1872年には従業員のための年金基金を導入しています。ドイツでこれと同等の公的年金が法制化されたのは、それから20年ほど経ってからのことでした。
創業者の子孫であるナタリー・フォン・シーメンス氏は、「私たちは、直近では19世紀に世界が経験したような画期的な変化の中にいるのです。175年前は産業革命がまさに始まろうとする時期であり、ヴェルナー・フォン・シーメンスの発明は、その先駆けとなるものの一つでした。今日、デジタル化は、当時の工業化や電気の普及と同じように、私たちの社会を大きく変えようとしています。ヴェルナーの経験は、今も私たちに大きな示唆を与えてくれます。そして、彼が設立した会社は、画期的な変化を形づくり推進することに貢献しているのです」と述べています。
現在、シーメンスは産業、インフラ、交通、およびヘルスケアの分野に注力しており、デジタル化をリードするテクノロジーカンパニーとなっています。2008年以降、ソフトウェア企業に100億ユーロを投資しています。また、2021年度には約50億ユーロを研究開発に費やし、シーメンスの研究者たちは約4,500件の発明を特許として登録しています。これは、1営業日あたり約20件の発明があることになります。デジタルトランスフォーメーション(DX)を形作るために、シーメンスはハードウェアとソフトウェアを融合させ、運用技術と情報技術におけるリアルとデジタルの世界を統合します。この力によって、お客様やパートナーの生産性と競争力を高め、イノベーションを加速させることができるのです。
シーメンスの歴史に関する詳細は、www.siemens.com/175years-chronologyをご覧ください。(英語PDF) 
【参考資料】
本資料はシーメンス AG(ドイツ・ミュンヘン)が2022年10月12日(現地時間)に発表したプレスリリースを日本語に抄訳したものです。本資料の正式言語はドイツ語・英語であり、その内容および解釈については両言語が優先します。原文プレスリリースおよび関連資料は以下の URL よりご覧いただけます(英文)。
シーメンスAGについて
シーメンスAG(本社:ベルリンおよびミュンヘン)は、170年にわたり、卓越したエンジニアリング、イノベーション、品質と信頼性、そして国際性を象徴するグローバルなテクノロジー企業でありつづけています。ビルや分散型エネルギーシステム向けのインテリジェントなインフラストラクチャー、プロセス産業や製造業向けの自動化、デジタル化の分野を中心に、世界中で事業を展開しています。シーメンスはデジタルと現実世界を結びつけることで、お客様と社会に貢献します。鉄道、道路交通のスマートなモビィティー・ソリューションの主要サプライヤーであるモビリティを通じ、シーメンスは旅客および貨物サービスの世界市場の形成をサポートします。さらに上場会社であるSiemens Healthineersの過半数の株式を保有することで、医療技術やデジタル・ヘルスケア・サービスの世界の大手サプライヤーでもあります。また、送電および発電の世界のリーダー企業であり2020年9月28日に株式上場したシーメンスエナジーの過半数未満の株式を保有しています。2021年9月30日に終了した2021年度において、シーメンスグループの売上高は623億ユーロ、純利益は67億ユーロでした。2021年9月30日時点の全世界の社員数は30万3000人です。詳しい情報は、http://www.siemens.comにてご覧いただけます。
展開
日本におけるシーメンスグループ
シーメンスは、1887年に東京・築地に初めてのオフィスを開設して以来、130年以上にわたり日本のお客様から信頼を寄せられるパートナーとして尽力してまいりました。海外のシーメンス同様、都市化、人口動態、気候変動、グローバル化、そしてデジタル化といったメガトレンドに対して最適なソリューションをご提案しています。シーメンスは先進的な製品やサービス、ソリューションにより、お客様に競争優位性をご提供しつづけるとともに、昨今の環境問題に対応してまいります。2021年9月末に終了した2021年度において、日本のシーメンスの売上高は約1625億円、社員数はおよそ2,500人です。詳しい情報はhttp://www.siemens.com/jpにてご覧いただけます。
展開

コンタクト

シーメンス株式会社 コミュニケーション 今村