Please use another Browser

It looks like you are using a browser that is not fully supported. Please note that there might be constraints on site display and usability. For the best experience we suggest that you download the newest version of a supported browser:

Internet Explorer, Chrome Browser, Firefox Browser, Safari Browser

Continue with the current browser

豊田自動織機とシーメンス、ダイカストのデジタルトランス フォーメーション(DX)で協業

今回、世界に先駆けて開発したダイカストの不良予測AIは、シーメンスの産業用エッジコンピューティングプラットフォームIndustrial Edge上で動作し、品質の更なる向上および生産性の向上を実現します。この度の取り組みを、ものづくりにおけるデジタルトランスフォーメーションの先進事例として、豊田自動織機は今後さらに技術を進化させ、国内外の工場への展開を、シーメンスは産業界のより多くの企業においてIndustrial Edgeをはじめとするデジタル化・自動化ソリューションの採用をめざしていく考えです。
株式会社豊田自動織機とシーメンスは、カーエアコン用コンプレッサーの基盤技術である、アルミダイカスト工程における良品製造条件を追求する中で、この度、製品の不良を予測するAIを開発しました。
今回、世界に先駆けて開発したダイカストの不良予測AIは、シーメンスの産業用エッジコンピューティングプラットフォームIndustrial Edge上で動作し、品質の更なる向上および生産性の向上を実現します。この度の取り組みを、ものづくりにおけるデジタルトランスフォーメーションの先進事例として、豊田自動織機は今後さらに技術を進化させ、国内外の工場への展開を、シーメンスは産業界のより多くの企業においてIndustrial Edgeをはじめとするデジタル化・自動化ソリューションの採用をめざしていく考えです。
ダイカスト工程は、溶融アルミニウムの温度や射出速度などの製造条件が刻一刻と変化することから、管理が難しく、高い品質を維持するには、熟練作業者の判断や、加工後の様々な対策が欠かせない工程です。
今回両社は、モデルラインにおいて、ダイカストの射出1回あたり約4万点にのぼるビッグデータを、シーメンスの制御装置Simatic S7-1500で収集し、AI技術を活用して解析しました。これにより、生産状況のリアルタイム監視を行い、品質問題の要因となる設備異常を自動予測することで、不良品の発生を防ぎ品質を向上させました。さらに、取得した製造データをIndustrial Edge上で動作する不良予測AIで処理することで、射出時の製造条件データを瞬時に解析し、良品・不良品の判断を鋳造直後に行えるようになりました。
このようなAI技術活用により、品質の更なる向上と同時に、生産性向上を図り、作業者の働き方に変革をもたらします。
アルミダイカストとは、溶融アルミニウムを金型に圧入し、短時間で成形する製法で、高い寸法精度の鋳物を正確に製造することに適しているため、高品質、高信頼性が求められる自動車用部品にも多く用いられています。豊田自動織機大府工場で製造されるアルミダイカスト部品は、高気密・高耐圧性を実現することから、世界シェアNo.1を誇る同社製カーエアコン用コンプレッサーの品質を支える重要部品として用いられています。
モノづくりの基盤をなすダイカスト工程において、Industrial Edgeで生産性向上への貢献を図りたいシーメンスと、品質の更なる向上および生産性向上を実現したい豊田自動織機のねらいが一致し、このたびの開発に至り、約2年間の実証を重ね、成果を上げました。この成果のもと引き続き技術を追求し、世界のお客さまに、より良い製品の提供をめざして参ります。

シーメンスAG ファクトリーオートメーション CEO レイナー・ブレーム

「デジタルトランスフォーメ―ション(DX)はゲームチェンジャー(大変革をもたらすもの)です。豊田自動織機と協力してこの大変革に取り組み、未来を作り上げていくことを嬉しく思います。今後も最新技術を組み込んだ産業向けソリューションの開発、提供につとめ、最適で持続可能なモノづくりに貢献して参ります。」

株式会社豊田自動織機 取締役・経営役員 コンプレッサー事業部長 石﨑 裕二

「コンプレッサーの重要部品を製造するダイカスト工程にAI技術を導入し、一定の成果を挙げた意義は大きいと考えています。また、シーメンスの産業用エッジコンピューティングプラットフォームIndustrial Edgeの実用化に、当社が貢献できたことを、非常に誇らしく思います。今後もモノづくり分野に先進デジタル技術を導入することで、お客様への新たな価値を提供し続けるとともに、より良い働き方の実現をめざして参ります。」
本プレスリリースの英語版はこちら
シーメンスAGについて
シーメンスAG(本社:ベルリンおよびミュンヘン)は、170年にわたり、卓越したエンジニアリング、イノベーション、品質と信頼性、そして国際性を象徴するグローバルなテクノロジー企業でありつづけています。ビルや分散型エネルギーシステム向けのインテリジェントなインフラストラクチャー、プロセス産業や製造業向けの自動化、デジタル化の分野を中心に、世界中で事業を展開しています。シーメンスはデジタルと現実世界を結びつけることで、お客様と社会に貢献します。鉄道、道路交通のスマートなモビィティー・ソリューションの主要サプライヤーであるモビリティを通じ、シーメンスは旅客および貨物サービスの世界市場の形成をサポートします。さらに上場会社であるSiemens Healthineersの過半数の株式を保有することで、医療技術やデジタル・ヘルスケア・サービスの世界の大手サプライヤーでもあります。また、送電および発電の世界のリーダー企業であり2020年9月28日に株式上場したシーメンスエナジーの過半数未満の株式を保有しています。2020年9月30日に終了した2020年度において、シーメンスグループの売上高は571億ユーロ、純利益は42億ユーロでした。2020年9月30日時点の継続事業における全世界の社員数は29万3000人です。詳しい情報は、http://www.siemens.comにてご覧いただけます。
展開
日本におけるシーメンスグループ
シーメンスは、1887年に東京・築地に初めてのオフィスを開設して以来、130年以上にわたり日本のお客様から信頼を寄せられるパートナーとして尽力してまいりました。海外のシーメンス同様、都市化、人口動態、気候変動、グローバル化、そしてデジタル化といったメガトレンドに対して最適なソリューションをご提案しています。シーメンスは先進的な製品やサービス、ソリューションにより、お客様に競争優位性をご提供しつづけるとともに、昨今の環境問題に対応してまいります。2020年9月末に終了した2020年度において、日本のシーメンスの売上高は約1582億円、社員数はおよそ2,300人です。詳しい情報はhttp://www.siemens.com/jpにてご覧いただけます。
展開
株式会社豊田自動織機について
株式会社豊田自動織機は、1926年に愛知県刈谷市において、社祖豊田佐吉の発明であるG型自動織機の製造・販売のため設立されました。その後、事業領域を、車両・エンジン・カーエアコン用コンプレッサーといった自動車関連事業、フォークリフトや物流機器をはじめとする産業車両事業へと拡大し、新たな価値を創出する研究開発や、お客様に満足して使っていただける商品の製造およびサービスの提供に取り組んで参りました。現在、連結子会社数は世界に256社、従業員数は66,478名へと成長し(2020年3月31日現在)、エアジェット織機、カーエアコン用コンプレッサー、フォークリフトの3製品は、世界シェアNo.1※を誇っています。豊田自動織機は、多様な事業を通じて、住み良い地球と豊かな社会、そして温かい社会づくりに貢献して参ります。詳しい情報は、https://www.toyota-shokki.co.jp/にてご覧いただけます。
※豊田自動織機調べ
展開

コンタクト

シーメンス株式会社 コミュニケーション部 今村 

株式会社豊田自動織機 広報部 浦郷